書籍の宣伝広告、街中に貼られた宣伝やダイレクトメールで、「多重債務の効率化します」「多重負債を一本化したいと思ったら」と書かれた売り文句を目にすることがありませんか。

このようなものは、「整理屋」「買取業者」「紹介人」という名称の悪徳会社の広告のときがあったりします。

このようなものを依頼した際には破産申請手続きの中で免責許諾を得られないリスクもあります。

「整頓人」は、チラシなどで多重負債者を集めすさまじい代金を取り整理をしますけれど本当は負債整頓は実行されずに、当人はさらに負債地獄にはまってしまう結末が9割方と言えます。

「買取業者」は、負債人の借金で、電化製品、旅行の券をいっぱい購入させて、購入した品々を定価の10%から半値で買取るというやり方のようです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

負債人はそのときは金銭が得られますが、少しすればカード企業経由で商品の定価の督促がきて、現実には借金額をアップさせる結果になります。

この際はクレジットカード企業へ詐欺に当たるとして免責許可を受けられなくなります。

「紹介人」の場合は人気のサラ金から貸してもらえなくなった負債人へ、業者として金貸しは全くせずに、融資をする他の店を呼んで、高すぎる費用を取っている業種です。

紹介人は自らの経由で資金提供が受けられたかのように解説しますが実際は何もしておらず種は簡単で調査の通りやすい店を伝えているだけなのです。