やっとエントリーする時という場面では、始めに下準備を怠ってはならない。

売買を行う前であるとすれば出来事を客観的に見つめる事のできる余裕がある。

ところが、一回取引の内部へ足を踏み入れるとどうしても受け取り方が偏ったものになり適切な考え方が出来なくなる。

可能性があります。

それゆえに自分の理性的なうちにしっかりと準備する事が大切なのだ。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

”事前準備”するためには、はじめは自分なりの台本を作る事から手をつけます。

明日からの投資環境は上がる(または下がる)からこの通貨を売る(あるいは買う)みたいに、自分だけのストーリー展開を考えていきます。

次に重要なのは時間足チャートを確認しましょう。

これまでの為替レートの値動きを確認して、相場を確認する。

もちろんもはや売買するのがやりようがないと思っていたらエントリーしないで、それは潔く吹っ切ることが大切です。

どうやっても自分なりの物語を貫いて、無理に新規エントリーするとマーケットに跳ね返されてしまいむしろマイナスになりかねない。

そうは言っても多くの状況で事前に準備している物語を描いていれば売り(または買い)が手遅れという場面にはならないでしょう。

たぶん、具体的に外国為替相場が動意する前の状況のはずだからです。

次に、差し当たり自身が注文しようと検討しているポジションの変化をきちっと調べる事が肝心。

もし、ドル高になるはずだという台本を書いたのであれば、該当する外貨の推移に気をつけておきます。

為替相場の動きを注視し始めたときではまだその通貨は明確に上げ下げする兆候を見せないで上がったり下がったりわずかな変動をしているだけでしょう。

だけど、その推移をちゃんと見ていると、あるところでじわじわと円安の方向へと外国為替相場が推移し始めます。

この場面でやっと、ドル買いの新規注文を出すのだ。

通常は、そこまで準偏を考えておけば、そのトレードで勝利する率は大きくなるはずです。