化粧水や美容液で潤いを与えた後に使うのが乳液です。

化粧水だけでケアを済ませてしまう方もいますが、化粧水だけだと与えた水分が蒸発して保湿効果が望めません。

ニキビを治すには保湿が大切です。

化粧水だけでなく、乳液もケアに取り入れましょう。

乳液の目的は化粧水で与えた水分を油分によって閉じ込めることです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

ニキビができているとさっぱり、皮脂を抑える化粧品を選んでしまいますが、乳液は保湿系を選ぶのがおすすめです。

一般的な乳液には20〜30%に油分が配合されています。

油分は毛穴をつまらせる原因になりますが、ある程度の油分がないと化粧品で与えた水分を閉じ込められません。

化粧水はオイルフリーを選んでも、乳液は水分を閉じ込めるための油分が必要です。

特におすすめなのがセラミド配合の乳液です。

セラミドは肌に存在している保湿成分で、油分にも水分にもなじみやすい性質があります。

バリア機能を回復さる働きもあり、ニキビで低下した肌の力を回復してくれます。