自動車重量税、別称重量税は国産メーカーの車やドイツ車等車の生産国やハッチバック、クーペというような車のタイプも全て同じでマツダやポルシェ、などでも負担を必須とされている税です。

新車を登録する時または定期的にある車検を受ける際に払わなければいけない税になります。

その納付税額は対象となる愛車の重さにより定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」は全く異なるものなので、混同しないようにしなければなりません。

「自動車重量税というものは重さ毎に」「自動車税は総排気量によって」その額が変わってきます。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

それで引き取りの時の対応も違ってきますから注意が必要です。

クルマを売却する時には支払い済みの額がどれだけ残っていたとしても、その税額が返ってくることはないのです。

一方で自動車税の時は、既に支払った金額を売却額に乗せてくれるようなことがありますが重量税の時は上乗せされるような事例はなかなかないでしょう。

重量税は、手放す際に既に支払った税額が残存していると言っても中古車の店でその事実が材料になるケースはまずないと思います。

車の引き取り時は考慮していただけないのが重量税ですが特別な事例では還ってくることもあるのです。

というのは、車検の効力が残ったままの自動車を廃車処理する時。

というのは、廃車申請をすると残っている期間に応じた税金が返ってきます。

ただし自動車売却時はその車が廃車になるのとは違って返金されません。

それから所有車の名義の変更をした際や盗難にあった場合も返還してもらうことはできません。

重量税が残っている期間があるクルマを買い取るというのは、要は車検がまだある自動車ということと同じです。

そういったことを買取側も考慮しますから、重量税の期間が残っていればそれなりに買取額があがるでしょう。

もちろん査定額は店舗によって変わりますが、車検の効力がまだあることが忖度されれば、売却する自動車の買取金額からみるとそれほど払い損と考えることもありません。