【全損】とは名称の通り車の全部が壊れてしまうこと結論として走ることが出来ないなど乗用車として機能を果たさなくなった状況で使用されますが、車の保険で定義されている「全損」は少なからず異なるニュアンスがあります。保険のケースでは乗用車が損傷を受けた場合に【全損と分損】というように2つに仕分けされ分損は修理の費用が保険内でおさまる事を示し、反対に『全損』とは修復のお金が保険金の額を超えるケースを表現します。乗用車の修復で『全損』という状況では車の最重要のエンジンに致命的な損害が起きたり、乗用車のフレームが歪んでしまって直すことが難しい場合再利用か廃棄と判断されるのが当たり前です。ですが、乗用車の事故の後にディーラーや自動車の保険屋さんがそのような修理の費用を算出した際に、どんだけ見た目がきちんとしていて修復が可能な場面でも修復のお金が補償額よりも高くては何の目的のために車の保険にお金を支払っているのか分からなくなるでしょう。そのような場面では(全損)として自動車の権利を保険屋さんに譲り補償金を受けとる仕組みなっています。当然の事ですが長い間運転した愛車で未練があり自分でお金を出して修復して乗りたいと思う人は多くいらっしゃいますので場面によっては自動車保険会社と相談するといいでしょう。自動車の保険の中にはこういった事態を想定して特約などの《全損》時のための特約が設けられているところがあり、たとえ自動車が『全損』なっても新しく車を買う等代金を一定分払ってくれるサービスもあったりします。さらに盗まれた場合の補償額の特約をつけていると、盗まれてしまった物が見つからない際でも《全損》となり保険金が支払われることになります。